はじめて海外FXをする時に知っておきたいこと(税金)

はじめての海外FX

海外FXの税金・確定申告について

海外で取引きしているからといって、利益がでれば税金を納めなければなりません。
国内FXとは違って税金の納め方が違います。
海外FXの場合だと大きな利益が発生することもあるので利益が出てから慌てないためにも、税金制度について理解しておくことが大事です。

こちらのゲムフォレックスさんのサイトにわかりやすく解説されているのでリンクを貼っておきます。

国内FXは申告分離課税・海外FXは総合課税

国内FXは申告分離課税と言って、どれだけ稼いでも税率が20.315%です。
海外FXは総合課税といって、利益が195万円までは税率15%、330万円以下なら税率は20%、695万円以下なら税率は30%になります。

確定申告とは何か?

毎年、1月1日から12月31日までに得たすべての利益(収入)から必要経費を引いたものを
「所得」として、税務署にその内訳を報告するための書類を提出します。

この所得金額が元になって、住民税や健康保険料などの金額も決まります。

確定申告の時期

確定申告する期間は、2月16日から3月15日です。それまでに必要書類を用意しましょう。

海外FX取引で出た収入の確定申告

海外FXで利益が出た場合、国に税金を納めなければいけません。
個人事業主、会社員、主婦(主夫)、フリーター、それぞれ計算方法などさまざまです。

もし分からなければ、近くの税務署に出向いて申告の方法などをしっかり聞いてきましょう。

海外FXだとレバレッジをかけれるぶん、利益がものすごく大きくなることがあります。ご自分で申告できそうにないと思えば、税理士にたのみましょう。脱税はいけません、 脱税が発覚した時点で重い罰則が科せられますので 、確定申告の時期が来たらきちんと申告しましょう。

いくらから税金が発生するの?

サラリーマンのように給与所得のある方の場合は利益(他の所得)が20万円を超えた場合、専業主婦のように他に所得がない方の場合は38万円を超える場合に申告が必要となります。

海外FXは損失繰り越しができない

海外FXで覚えておきたい事の一つに、国内FXとは違って損失繰り越しができません。
総合課税は1年で損益決算が完結してしまうため、損失を翌年に繰り越せません。

国内FXは、損失が出ても3年間損失を繰り越すことが可能です。

まとめ

ざっとですが海外FXの確定申告についてみてきました。

言ってることがまったく分からない…」と思ったかもしれませんが、 利益が出たら税金を払いましょう、わからなければ税務署に聞きにいきましょう。と言うことです。
税金を払えると言うことは、言ってみればそれだけ利益をあげれるトレーダーだと言うことです。自身を持って確定申告してきてください。